最新情報

名張市iroha整骨院スポーツジムの田之上です。



ぎっくり腰の予防と対策について今回は書いていきます。


ぎっくり腰は若い方からご高齢の方まで幅広い方がなる可能性のあるものです。


なので、少なくともまずは、そうならないような注意点をしっておき、予防や対策を立てていくことが当たり前になっていく、ということが大切になります。


前回も書いたように、ぎっくり腰の原因にはいろいろあります。


しかし、実際にぎっくり腰の原因を考えると、基本的な注意点や対策は同じようなところになります。


では注意点ですが、



まずは「中腰」!!


これは最も危険です!


当たり前のことで...

詳細

名張市iroha整骨院スポーツジムの田之上です。

今回はぎっくり腰の続きを書いていきます。



ぎっくり腰(急性腰痛症)の原因と症状は?



ぎっくり腰は、そもそも正確な病名ではなく、あくまでも総称であるという認識を持っていてください。


なのでぎっくり腰と呼ばれるものでも沢山の症状があったり場所や痛め方が色々変わります。
まず、ぎっくり腰になったときに考えられる原因が腰椎椎間板ヘルニアの急性の状態です。
椎間板という背骨同士の間にあるクッションを傷めてしまう病態です。


症状としては、中腰で体を捻じる、さらに重いものを持ったままで歩く、なんてことで急に痛みがでてしまいます。
...

詳細

名張市iroha整骨院スポーツジムの田之上です。



今回は皆さんが一度はなったことがあるぎっくり腰について書いていきます。



ぎっくり腰(急性腰痛症)は、重い荷物を運んでいる時やカラダを強くひねったりした時、突然激しい痛みに襲われるのが特徴です。



ぎっくり腰は、医学的には「腰椎ねんざ」と呼ばれます。



急性腰痛症の症状は、軽いものから重いものまであります。



軽い症状であれば、そのまま歩くことも出来ますが、重い症状の場合、ちょっとでも体勢を変えると激痛が走り、寝返りを打つことさえ困難な場合があります。



ぎっくり腰になると慌てて思わず救急車を呼んでしまう方も、少...

詳細

iroha整骨院スポーツジムの田之上です。



今回は、坐骨神経痛に対して日常生活から気をつける事をご紹介したいと思います。



坐骨神経痛の予防として気をつけるべきポイントは何でしょうか?



まず、言うまでもありませんが、長時間の立ち仕事やデスクワークなどは腰部にかなり負担をかける事になります。



坐骨神経痛を予防するためにも、定期的にストレッチなどをして、腰部にかかった負担を一時的に取り除く事が重要です。



また、坐骨神経痛の疑いがある場合は、重たい物は、基本的には持たないに越したことはありません。



しかし、どうしても持たなければならない時、または物を拾うなどは...

詳細

iroha整骨院スポーツジムの田之上です。

今回は腰痛に関連して坐骨神経痛について書いていきます。


坐骨神経痛という言葉は聞いたことある人も多いと思いますがどんなものでしょうか?



そもそも坐骨神経痛というのは病名だと勘違いしている人が多いようですが実際は、坐骨神経痛とは腰痛と同じように「症状」というのが、正しい呼び方です。



坐骨神経とは、腰やお尻から太ももの中を通り、ふくらはぎ、足の指先にまで伸びている神経のことです。



長さが1メートル以上もあるという、神経の中でも最も長くて太い神経です。



この坐骨神経が、何らかの原因によって圧迫されたり、刺激されることによ...

詳細

iroha整骨院スポーツジムの田之上です。
前回の続き、骨粗しょう症の対処法ついて書きます。

骨粗しょう症にならないため、もしくは進行を遅らせるためには、予防する
ことが最も重要です。

なぜなら、骨の強度は、すぐに以前の状態に戻るというものではないからです。

骨の強度は、骨質と骨密度で判断しますが、特に骨密度という
骨中のカルシウム量は重要です。

骨密度は、BMDという指数で表され、骨の強度要因の約7割を占めるそうです。

40代以降は、BMDが減少していきますので、いかに20~30代から
骨密度を高めておくかということが、骨粗しょう症予防には重要です。

骨密度が自分の年齢平均...

詳細

Iroha整骨院スポーツジムの田之上です。
前回の続き、骨粗しょう症について書きます。

骨粗しょう症という病気は、静かな病気と呼ばれ、とても自覚症状が出づらい病気の一つです。

特に、初期段階における自覚症状は、まったくありません。

ある時、突然骨折をしてしまい、初めて「骨粗しょう症」に気づくということも
しばしばです。

ただし、高齢者になってくると、その症状が段々とあらわれます。

たとえば、60歳を過ぎた高齢者の方が、重いものを持った時や、椅子
から立ち上がる時「腰が痛い!」と訴えるのは、骨粗しょう症の自覚症状の一つです。

他にも、「身体を後ろに反らすと痛い」「背中や腰部が時...

詳細

iroha整骨院スポーツジムの田之上です。

今回はまた腰痛の話、骨粗しょう症について書いていきます。

名前を聞いたことはあるけどどのような状態かわからない人も多いのではないでしょうか?


骨粗しょう症とは、本来は頑丈な骨がカルシウムなどが減少してスカ
スカに脆くなり、骨折しやすくなる病気のことです。

 
その結果、椎体が押し潰された状態となる「圧迫骨折」を引き起こし
腰痛の原因となります。


ではなぜ、「骨粗しょう症」になるのかその原因についてご説明していきます。


まず、骨粗しょう症は、その病気の原因によって、大きく2つのタイプに
分けられます。

それでは、2つの骨粗しょ...

詳細

iroha整骨院スポーツジムの田之上です。

今回は腰のすべり症について書いていきます。


聞きなじみがないかもしれませんが腰のすべり症は、腰椎を構成している一部の椎体がズレて、痛みがおこる病気です。



腰のすべり症は激しいスポーツをしている若い人と、40代女性の患者が多いと言われています。

激しいスポーツはケガのリスクが上がります。
若い人で腰痛の人はヘルニアかすべり症になっていることが多いので病院を一度受診してください。


また、加齢による「腰椎の老化」も原因のひとつとして考えられています。



さらに、女性の場合、40代はホルモンが低下していく時期ですから、いろいろ...

詳細

クチコミ

2 年前
私は長崎県で整体院を営んでいます。 田之上先生とは大阪で同じ職場で働いていました。 田之上先生は非常に勉強熱心で、患者さんに対しての情熱に溢れる先生です。 気さくで愛嬌があるので、話しやすく気軽に体の相談ができますよ! 体のお悩みがある方は是非一度問い合わせをしてみてください!!
- 整体院みずたまHirayama Y
2 年前
肩こりがひどくて行きました。 「正しい姿勢」なのかどうかって 自分ではよくわからないものですが、 先生に診てもらうと 「指2本分、巻肩になっている」とのこと。 現状がどうなのか、 治すにはどうしたらいいのか このままだと将来どんな不具合があるのか わかりやすく説明してくれて、 根本的に姿勢を治さないといけないって 思いました!
- TAX T
2 年前
腰痛があり、気になっていたので、来院しました。ジムみたいな施設もあり、先生は、知識が豊富で、楽になりました。また、お世話になります!
- yuki s

運動と矯正と施術で姿勢から健康に!

当院では、整骨院にフィッネスジムを併設しており、従来の姿勢の矯正、施術だけでなく運動も取り入れて姿勢の改善を目指していきます。そして姿勢の悪さ、体の歪みなどからくる痛みや不調と言った症状を根本的に改善していくことを目指します。
姿勢を治しても姿勢を維持する為の筋力がないとすぐに元に戻りますので姿勢を治し、その姿勢を維持出来るように取り組んでいきます。

お問い合わせ

お問い合わせ

今すぐ電話
  • 0595-63-8909

住所

ルートを検索
日本
〒518-0719 三重県
名張市栄町2952-12テラスハウス1階A号室

営業時間

月:9時00分~21時00分
火:9時00分~21時00分
水:9時00分~21時00分
木:9時00分~21時00分
金:9時00分~21時00分
土:9時00分~17時00分
日:定休日
お問い合わせ
メッセージを送信しました。すぐに折り返しご連絡差し上げます。